続ユタカ部

| | コメント(2) | トラックバック(0)

先週よりユタカ部はじまりました。参加者は少ないですが、とても充実した豊かな2時間。あっという間に過ぎてしまうので、一つのことを終えるのは難しいですが、作りかけのものに対して意見を聞いたりしながらそれぞれが好きなことをする時間っていうのはとても新鮮なような懐かしいような不思議な体験です。学生時代の匂いも残しつつ、新しい体験のようなかんじもします。僕は予定通り、フリーペーパーのレイアウトを方眼紙を使って考えました。Macintoshを使って仕事をしていると、手を使って何かをすることもそれほどはなく、手を使ってデザインをしていた時代の人に対してコンプレックスが非常にある僕としては、実験というか通過儀式というか、ずっとやりたくて仕方なかったことなのです。時間の制約も多い日常の仕事では難しいのですが、少しずつでもできることがまず嬉しいです。来週は祝日なので、さらに気兼ねなくできそうでそれもまた嬉しいです。どなたでも参加できますので、お気軽にご参加ください。

昔夢日記をつけていたのですが、いつの間にかつけなくなってしまって、あれは枕元に常にノートをおいていることと、朝ゆとりをもって起きられること、さらに布団で寝ることも重要になってくるので、ここ最近は全くつけられていません。そもそも夢を見ないことも多く、見てもすぐに忘れてしまうのがほとんどですが、今日の夢は面白かったので、ご紹介したいと思います。
マッチ(近藤真彦)がチンピラに囲まれて因縁をつけられていて「わかったからちょっとそこをどいてくれよ」といった瞬間に、右側にいたチンピラに腹部を刺されてしまいます。マッチは刃物の刃の部分を握って、グッと押し返し「どうして刺すんだ」というようなことを言うのですが、チンピラは「ヤクザが人を刺すのがそんなにおかしなことですかい」と言ってさらに深く突き刺します。膝から崩れ落ちるマッチ。周りを取り囲んでいたチンピラも一斉にマッチを刺し、すばやくズラかります。ここでBGMに「愚か者」が流れ、マッチはタバコを取り出して震える手でタバコに火をつけ、どこかへ這っていってしまいます。まるで「とんぼ」のようなストーリーですが、どうしてこんな夢を見たのか、それがちょっとわかりません。

コメント(2)

粥彦 :

ユタカ部に、とりあえず幽霊部員として入部します。
手書きのフリーペーパーは、これから信じられない大ブームになるはずです。
とても期待しています。
ちかぢかうかがいます。

tuma :

 すてきっ!
つぎ参加します!

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 続ユタカ部

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/240

このブログ記事について

このページは、beyerが2011年2月 6日 18:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユタカ部」です。

次のブログ記事は「このところ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。