週末

| | コメント(0) | トラックバック(0)

土曜日。Port Gallery Tさんにて川辺ナホさんのレクチャー『ドイツの今、アーティストネットワークについて』に伺いました。川辺さんによると、ドイツはナチス時代に近代美術を退廃芸術として排除した反省から、コンテンポラリーアートへの助成やアーティストのサポートが充実しているとのこと。ただし、それがいいことかどうかはわからなくて、イギリスなどは助成が殆どないのにもかかわらず、とても大きいアートシーンがあるし、どちらがいいとか悪いとかは判断できないかも、と話されていたのが印象的でした。どちらの国にも共通しているのは、芸術がみんなから必要とされている社会であるということなのでしょう。それがきっと景観や、街に溢れるデザインされたものたちにも大きな影響を与えると思うのです。週刊誌などでアートが話題になるのは、批評と言うよりも悪口だったり、作品が何億で売れた、みたいなニュースばかりの日本で「赤くて」「太字」のものが、いわゆる「売れるデザイン」として、どこでもよく見かけるのは、そのあたりに原因がある気がします。

土曜日訪れたPANTALOON、BY PANTALOONさんの展示は両方とも素晴らしかった。

昨日は星ヶ丘洋裁学校の学園祭で毎年恒例のラーメン屋。30食完売でした。

iPadを忘れたので、ブログを書くのが億劫。大きい机や2階で書くのに慣れていたからでしょうか。

お詫びと訂正。先日ご紹介した小鳩ケンタさんの「そとよみ」について、詳しくはブログをご覧ください、と書いていたのですが、小鳩さんのブログには詳細はあがっていないとのことで、詳しくはそとよみブログをご覧ください。以前の記事も訂正しておきました。

遅くなりましたが、マエケンおめでとう

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 週末

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/234

このブログ記事について

このページは、beyerが2010年11月 8日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ほんとうのこと」です。

次のブログ記事は「Bridge」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。