「年とるとね、くどくなってくるんだよ」〜江口寿史

| | コメント(0) | トラックバック(0)

iPadを買ってから、パソコンの前でブログをかく、ということがなくなりました。日記を書く、という行為と、パソコンの前に座るのは一致しないんだな、と。できれば朝に書きたいし、音楽をかけながらコーヒーなど飲みながら、一日をふりかえりたいものです。といいつつ、今日はパソコンで書いています。違和感を感じつつ。それでもブログを書くようになって、また一日をふりかえることができるようになったのはありがたいものです。お店をやってなかったら、まず振り返ることなく毎日が過ぎていってるでしょう。

hito vol.001

イラストレーターの玉村ヘビオさんが「hito」という小冊子を持ってきてくださいました。イラストレーターさんが集まって作った雑誌とのことですが、なんと巻頭インタビューに、あの江口寿史さんが! もっとフザけた人かと思っていましたが、そんなはずはなかった。そんな人が漫画雑誌をわざわざ創刊したりはしません。自分の浅はかさを嘲りました。真摯な人・江口寿史先生。「hito」vol.01、ぜひご覧ください。ちなみに表紙は玉村さん。貂子さん(写真)、かわいい! 500円で販売中です。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「年とるとね、くどくなってくるんだよ」〜江口寿史

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/231

このブログ記事について

このページは、beyerが2010年10月23日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ほぼチャンキーさんのお知らせ日記」です。

次のブログ記事は「風景画について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。