ブログ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日のインセクツさんのイベント、いや土曜日から、いや先週の中頃からちょっと体調が芳しくなくて、日曜日に表面化しそうだったので葛根湯を飲んで早めに寝たらほぼ治ったのですが、今日はお店も休みだし家で仕事にしようと思いたって久しぶりに自宅勤務です。前にブログで書いたのですが、オーディオがアンプ以外の機能を失ったので、久しぶりに西堀晋さんがデザインした無印のCDプレイヤーを引っ張り出してきて、ラジオを聴いています。キンキン響く中〜高音が久しぶりに心地いいです。それにしても自宅での午前11時台のすばらしさったら! この時間帯が好きだ、ということについて文章を書いたのを思い出しました。でもどんなんだったかは忘れました。

ブログや文章を書くのに参考をしている人たちが実はいまして、なんとなく躓いたらその人たちのブログや文章をなんとなく読み返します。一人はおなじみの永井宏さんです。永井さんのブログは不思議です。あったことをそのまま書いているだけ、といえばそうなのですが、なにかが違うのです。音楽のことだけ書いている日記でも、なんだか風景や空気が浮かんでくるのです。また、伝えたいことを書いているといえば陳腐な言い方になるのですが、時々ある所信表明のような日記も暑苦しくなく、スッと入ってきます。この、スッと入ってくるという部分が難しく、悶々と考えてこれを何とか人に伝えたいのに、上手くいかない…という時に永井さんの日記は沁みます。こういう風に書いたらいいねんな、と書き直すのですが上手くいかず「下書き」に保存された日記がいくつもあります。
もう一人は、豊田通倫さんというミュージシャンの方のブログです。豊田さんの日記も、ほとんどがただその日の一場面を切り取っただけのものです。しかしその切り取り方がかっこいいのです。永井さんのように風景が浮かぶかというと、そういうわけではなく、ただただかっこいいのです。表現する人というのは、きっとこういうことなんやろな、と思って憧れて、そのかっこよさを真似して書いてみるのですが、やはり上手くいかず失敗してしまいます。まあ僕は表現する人ではないので仕方ないのかもしれません。その足掻いた跡が「Fantastic Something」には多数収録されていますので、ご興味ある方は(あんまりいないと思いますが)ぜひ。明日はその豊田通倫さんのライブがハードレインであります。久しぶりのライブなので、楽しみです。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブログ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/198

このブログ記事について

このページは、beyerが2010年1月26日 11:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「P.S 元気です大阪」です。

次のブログ記事は「揺れる湖はわたしの心」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。