Get wild and tough

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日はもうばたばたでブログを書くのがこんな時間になりました。昨日の池田信夫さんのブログの話を、永井さんとskypeで少し話しました。詳しくはまあ読んでいただきたいのですが、要するに著者の人が直接オンラインで著作を販売するのを、出版社は止められないのだそうです。そういえば「ブラックジャックによろしく」も一話10円かなんかで、オンラインで閲覧できます。そうなると著者のメリットも大きくなりいいですねえ、と話していたら、今日fladdictさんという方のブログでAmazonのロイヤリティ70%というリリースが紹介されていました。そらすごいなあ、と思って読んでいたらその後更新されて、どうやら作者をAmazonに囲い込む巧妙な仕組みだったようです。たしかにAppleがタブレットを出してくることを考えれば、仕方のないことかもしれません。しかしせっかくの機会なのです、できればAmazonで買ってもAppleで買っても、おんなじ値段でどっちでも読める、っていうふうにしてもらいたいのです。本屋やっていて言うのも何ですが、個人的にはオンライン配信、どんどんするべきだと思います。で、どうしても手元に置いておきたいって人を集めて、その人数にあわせて定価を決めればいいと思うのです。無駄もないし、余計な資源を使わなくてもすむのではないでしょうか。でも印刷業界は大打撃…難しい。でも作ったものを表に出せる方法が増えるのは大歓迎です。

最近マンガの話ができるお客さんが増えた要に思います。今日も初対面のお客さんと土田世紀の話で盛り上がりました。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Get wild and tough

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/195

このブログ記事について

このページは、beyerが2010年1月22日 01:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウィーンフィル」です。

次のブログ記事は「読書の時間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。