ニュータイプ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

有果里さんの展示、フェスタ、東京出張、浜七重さんの展示の準備とチラシ、「詩と雲」の告知…とどんどん日が過ぎて行っている間にもう17日! 今年もあと45日を切って、クリスマスソングを街で聞くのがたのしくなってきました。1年で一番好きな時期が今なので、目一杯楽しんでいます。

最近どんどんと外部の記憶装置、というかiPhoneに、行きたいお店やギャラリー、読みたい本など、いろんな情報をEvernoteというソフトを使って入れていってるのですが、それで思うのは、こうして頭の中に覚えておかないといけない情報が減ってくることで、代わりに何かを覚える余地だったりとか、考えることに変化があるのかどうか、ということです。たとえば今の人はほとんど電話番号を覚えていないとのことですが、その代わりに何か別のことを覚えられるようになるのかどうか、それとも覚えていないってことで、単純に頭を使ってないので、バカになるという論法に直結してしまうのか、そんなことです。でもその論法が通用するのは僕らのような、昔は覚えていたけど今は電話のメモリー頼りで、全く忘れちゃったなあという世代だけで、物心がついた時からパソコンや携帯電話がそばにある今の子どもたち以降の世代には、単純にバカになる、とも言い切れないような気がするのです。

先日twitterで見たつぶやきで、5歳の女の子がテレビを見ていて「今のもう一回見たいから止めて」とか「ねこちゃんがみたいから検索して」とかお父さんにフツーに言うって話がありましたが、その子たちの感覚って、僕らが見てきた、感じてきた感覚とは、絶対に異なっていると思うし、そこから生まれる新しい何か、が進化か退化かはわかりませんが、どんなものなのかってことには興味がすごくあります。最近はそんなようなことばかり考えていて、日曜日、有果里ちゃんともその話で盛り上がりました。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ニュータイプ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/186

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年11月17日 12:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Art for All」です。

次のブログ記事は「詩はおどる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。