濱ちゃんの本

| | コメント(1) | トラックバック(0)

昨日は取材。ひとしきり思っていることを喋らせていただきました。こういう時に自分の考えを再確認できるというか、一度整理できるのでありがたいです。しかも情報まで掲載していただいて。IN/SECTSのSさん、エルマガのSさん、カメラウーマンのMさん、どうもありがとうございました。ブログ時々見ています、と言っていただいて、これもまた感謝です。こんなバイエルも本も喫茶もあまり関係のないブログなのに。

昨日twitterには少し書いたのですが、BOOKLOREと共同で出した作品集シリーズ第1弾、濱田久美子さんの作品集を見て、デザイナーの方から連絡があったと中島君から聞いたのが1ヶ月くらい前? いやもっと最近かも? とにかく本ができました、と中島君が持ってきてくれました。なんと講談社! から出ている本です。毛マニアさんには東京のギャラリーから企画展のお話しがあったり、イケダユーコさんはすでに出ている本 (生活人新書)の挿画に使われたりと、本ごとにアクションをいただいて、作った甲斐があったねえ、と中島君といつも話しています。本はすごいです。勝手に旅をしています。ネットもびゃーっとすごいスピードで駆けめぐっていったりしますが、アクションもまたその分軽くできてしまって、それがネットのいい部分であり悪い部分でもある気がします。リアルな物体は、出来上がるのに手間も時間もかかるし駆けめぐるスピードもまた遅いし、アクションが返ってくる確率もすごく低いですが、そうした長い道のりを経て帰ってきたアクションは、いい反応も悪い反応も、とてもありがたいもので、それが個人的にまだネットには見いだせていない価値なんだと今は思っています。

濱ちゃんの本、まだamazonには出ていないようです。また出たらリンクします。出ました。こちらからどうぞ〜。

コメント(1)

青菜 :

青菜です。
ツイッターのコメントが気になってました。
やったー。おめでとう。
自分の親戚の子がそうなった・・みたいにうれしいです。
今まで、バイエルさんで企画展、本を出版されたどの方々も才能があり、もっとたくさんの方々に知って頂きたい見て頂きたいと思っていました。
バイエルさん、ブックロアさんの審美眼はすばらしいです。
なんやかやいっても活字の力は負けてないのです。
これからもバイエルさん、ブックロアさん応援してゆきます。
またお店に伺いますね。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 濱ちゃんの本

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/165

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年10月 2日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガッキーだらけ」です。

次のブログ記事は「音楽と仕事と漢字、さらに印刷と映画について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。