Art for All

| | コメント(0) | トラックバック(0)

どうせ毎日はムリなんだし、と思いつつ、やっぱりすがりたいのです、毎日ブログを書いている自分に。

金曜日は大阪ハンシンカン大学の打ち合わせ日。iTohenの鰺坂さんにお誘いいただいて、10月からミーティングに参加させていただいています。授業料無料のワークショップを大阪と阪神間で開催していこう!というプロジェクトで、3年前から先にスタートしているシブヤ大学の大阪・阪神間版です。公表してしまっていいのかな。来年4月に開講予定ですので、お楽しみに。で、このハンシンカン大学の打ち合わせは、朝8時半からなのですが、これが新鮮でいいかんじ。打ち合わせというとたいてい夕方から夜、ということが多かった自分には画期的アイデアです。他のスタッフの方々に感謝。

打ち合わせから戻ると、不在票が。見ると、BEAMS様からお荷物が届いております、とのこと。全く心当たりがなく、なんだろうと思っていると「アートフォーオール」というフリーペーパーでした。1号ということで、何故だかバイエルにもお送りいただいたようです。特集は「鹿児島」。今月から「飛ぶが如く」を借りてきてみている自分にはなんともタイムリーです。さらに松浦弥太郎さんのインタビュー。“どうして人はアートを買うのか 第一回”と銘打たれたインタビューで、松浦さんはブレッソンのオリジナルプリントを買われたことについて話されています。どうしてアートを買うのか。というか、どうすればアートに限らず、必需品以外のものに価値を見いだせる世の中が生まれるのか。BEAMSのような影響力のある企業がそうした問題定義をしていることがうれしく思うし、自分たちには何ができるのか、を考えていかないといけないなーと思います。「アートフォーオール」は今日から配布中ですので、是非ご覧になってみてください。

お知らせです。「詩と雲」の予約を店頭にて承りましたササキさま、「詩と雲」の日付が11月27日(金)から11月23日(月)に変更になったことをお伝えしようとお電話しているのですが、ご連絡がとれない状況です。もしこのブログをご覧になっていらっしゃいましたら、お手数ですが一度バイエル(06-6625-8915)までご連絡をお願いいたします。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Art for All

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/181

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年10月30日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うれしいお便り」です。

次のブログ記事は「ニュータイプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。