2009年8月アーカイブ

夏休み最後の日、といってもけっこう今日から、というか先週くらいから始まっている学校も多いみたいですね。先週の木曜日から、夏休み子ども科学電話相談を聞いていました。子どもに応えるのって、難しそうです。なかには「楽しい時間が早く過ぎるのはどうしてですか?」とか聞く子どもがいるのです。たいてい子どもの声を聞いていると、途中から??となってしまって、それが面白くて聞いていたのですが、それも土曜日で終わってしまって、3日しか聞けませんでした。冬休みや春休みにもやればいいと思うのですが、やっぱり夏休みってちょっと特別な気がします。他の長期休みよりも、だんぜんイベント性が高いです。未だにそんなかんじ。夏の甲子園に出てる高校球児の人たちも未だに年上に思えます。

昨日はgrafさんにて、川瀬知代さんのクロージングパーティに閉店後に伺いました。すごい人でびっくりしました。みなさんすごいハイテンションで、それが逆に夏が終わる寂しさを必死で隠してるような、そんな気もしました。まあ、そんなこと思ってる人もそんなにいなかったかもしれないですが…
その中に子どもたちが何人かいたのですが、あんなかっこいい大人たちに囲まれて育つ子どもたちはうらやましいなーと、いつも思っていまいます。

ギリギリになりましたが、オソブランコさんへ「A3の可能性」展を観にいきました。個人的に一番面白かったのは、Aさんばかりが描かれた、現代美術二等兵さんの作品と、 貝川開さんの作品でした。事務所に貼ります。ありがとうございました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日の朝なのに、みょーに人通りが多い…と思っていたら選挙なのをすっかり忘れていて、慌てて紙を取りに家に戻って、数の論理って意味あるのかな、と思いつつ、選挙にいってきました。もう中選挙区制に戻した方がいい、と文藝春秋で中曽根元総理が対談で話していて、都合のいい時だけそんなこといってんじゃねーよ、と思いつつ、でも中選挙区制の方がいいと思います。小選挙区も比例代表も、もうやめて、民意を反映できる選挙制度を期待します。民主党にも少し期待します。その前にもう少ししっかりと一枚岩になってもらいたいです。

断食をやっていたのですが、期せずして2日目でストップ。ほんとは3日やるはずでした。それでもいろいろと気付いたことはあったので、収穫といえなくもないです。そもそもはアルピニスト野口健さんが、毎年一度断食をする、と中島君に教えてもらって始めたのですが、なんだか色々体にいいこともあるそう。デトックスとかだそうです。体の変化は3日続けられなかったので、何とも言えないですが、人間2〜3日何も食べなくても、大丈夫なもんだなあ、ということと、街には食べ物があふれかえってるなあ、という2点が印象的な2日間でした。今回は未遂に終わってしまったので、また再来月ぐらいに再挑戦してみたいと思います。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

そろそろ皆さん見なくなった頃でしょう。でも懲りずにまた始めようと思います。

今週は朝型にようやくシフトできて、8時半とか9時には店に来ています。ただ労働時間が長くなるだけ、というのはやはり当たっていたのですが、それでも朝に起きるのは単純に気持ちいいです。

水曜日から、福田紀子さんのgoronote展が始まっています。火曜日にわざわざ搬入に来ていただいて、お話ししていると、チョイス展に入選したとのこと。しかも選者はブルーマークの菊地さんです。すごいです。入選作を含む17作品を、ただいま展示中です。

お知らせをバイエルで作らせていただきました。その際福田さんについての文章を書かせていただいたので、転載しておきます。


“ 描くものがなくならないかと思って”

と福田紀子さんは、身の回りにある、ふつうのものを描き始めたのだそうです。

身近なものは、描く人も観る人もそれぞれイメージがあって、

それらをすりあわせてコミュニケーションするのが楽しい、

と先日わざわざ大阪までお越しいただいた際にお聞きしました。

よくクレヨンを使って描くのも、

“ ねっとりとしていて、広い面積が塗りやすいから”

ふつうのものを、ふつうの道具で描かれた絵には、観る側のイメージと同時に、

ねっとりと、しっかりと、塗り込まれた背景に、

たしかに福田さんの日常が埋め込まれているのだと僕には思えてなりません。

じっと観ているうちに家の中や街の音が聞こえてきて、

僕のイメージのあちら側に福田さんの日常が見え隠れするような、

たぶん、そんなかんじになるのだと思います。


福田紀子/横浜生まれ
2007. 1 SEWING GALLERY 繕いの便り展 参加
2007. 4 SEWING GALLERY 窓−広がる空間、つながる時間− 参加
2007. 8 月光荘画材店 ムーンライト展 参加
2008. 1 月光荘画室1 個展 goronote
2008. 1 SEWING GALLERY 繕いの便り展 参加
2008. 6 cafe gallery リトルコ 個展 goronote
2008. 8 月光荘画材店 ムーンライト展 参加
2008. 12 tray ART MARKET vol.11 参加
2009. 1 SEWING GALLERY 繕いの便り展 参加
2009. 6 thorn tree gallery 個展 goronote
8月2 6日(水)〜9月23日(水)
9月1、5、8、1 3、1 5日 休業

ぜひご高覧ください!

| | コメント(0) | トラックバック(0)

は、これで事務所6泊目。こういうことを書くから、影が薄くなってますね、とかいわれるのだけど、事実だから書く。忙しいけど忙しいポーズは見せない、そんな人に憧れる。
先日中島君と、なぜいとへんさんは8時に帰ることができるのに、僕らはムリなのか、という話をした。集中力もあるのだろうけど、おそらくウェブをやっているというのも大きい。うごかへんなぁ、と4時間とか悩んでいたりする。労働時間の半分もこんなことをやっていたらそれは帰られない。ウェブ制作には必要な道程だと思っていたが、こういうところは別にどこかにお願いした方がいいのかも、とも思った。

iPodにiTunesの曲が全部入らなくなった2年くらい前から、音楽を聴く時はシャッフルで聞くことが多い。昔はアルバムは通しで聴かないと、と思っていたがだんだんそういう拘りは年のせいかなくなってくる。
印刷をお願いしに、JAMさんへ自転車で行っている時、唐突に嵐の「サンライズ日本」がかかって、これがいい曲で、歌詞も馬鹿馬鹿しいけどなんだか前向きになれる気がするし、なによりもバックの演奏がかっこいい。ジャニーズの曲はかっこいいな、と思っていると、数曲後に加地等さんの「これで終わりにしたい」がかかった。ギター弾き語りの曲。詩は、子どもの頃から持っていた夢は全部かなわなくて、それでも人生は続いて、誰かにトカレフを譲ってもらえるならこれで終わりにしたい、という内容。曲調も中身も暗い。でも確かに胸を打つ曲。たぶんサンライズ日本の数千分の一、数万分の一の制作費で作られたCDだが、価格は同じくらいで同じくらいに心に残る。帰り道で、うちがサンライズ日本のような本を作る必要はないねんなぁ、とそんなことを考えた。

今日は車内距離さんのイベントがあり、6時頃からライブがあったりします。営業は通常通り行っていますので、ちょっと変わったバイエルをお楽しみください。
そして明日8月9日(日)は、定休日です。お気をつけください。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5D

最近何かと撮影づいている梅田です。先日は、仕事で久しぶりに外部のスタジオでの撮影に付き添いました。昔はカメラのことはほとんどわかっていなかったので、なにも思わなかったのですが、やっぱりプロはすごいです。そして今日は、毛マニアさんの新しい本の撮影のために、京都のsin-biさんへ朝から出かけました。先日ブログでも書いた、知り合いに買ってもらった5Dを借りていきました。初5Dです。さすがに細かいところでいろいろすごいです。もちろん細かくないところもすごいのですが。いいなあほしいなあ、と思いつつ、今の自分には原付バイクよりも高いカメラを買う思い切りはないのです。幸い借りられる環境になったので、ちょこちょこ借りつつ、ゆっくり考えようと思います。

昨日、大地震の夢を見たのはたぶん【東京マグニチュード8.0】を最近毎回見ているからでしょう。何曜日かの夜中にやっているこのアニメは、タイトルから想像できるように、現代版関東大震災の物語です。ドラゴンヘッドやクライシス、サバイバルなどの終末的な大災害ではなく、大地震が起きても警察や消防の人たちが機能しているのが、逆に新鮮です。時々乱暴な人も出てきますが、基本的にモラルも守られています。なんだか大災害に備える啓蒙アニメのようなのですが、ついつい引き込まれて見てしまいます。主人公の他に生きている人間に会うまで数話、みたいな話ではないので、逆に災害のどこまでが描かれるかが興味深いです。仮設住宅、PTSD、こころのケア・・そろそろ地震ありそうなので、予習もかねて見ています。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

たぶん一週間空いたのは、5月以来初めてです。1週間空いただけで、ずーっと書いてない気がするのだから、それもまた進歩というべきか。とにかく、またリスタートです。ほんとに永井さんや豊田さんは偉いな。

8月1日から、新しい展示が始まっています。車内距離という、ヤマモトミノさんと平野雄一さんのプロジェクトの展示。電車の中の風景をテーマに、2007年より制作をされていらっしゃいます。電車の車内、たしかにいろいろなドラマがありそうです。京都などにいく時など乗っている時間が長いので、けっこう人間観察をします。とくに会話には聞き耳を立ててしまいます。アベックがつまらない話をしていたりすると、ついつい聞いてしまうのは悪い癖です。つまらないこと話してるなーと思うのですが、つまらないことって意外に電車以外ではあまり聞くことがないので、それはそれで面白いのです。で、つまらない話をしているで、と、こそこそ奥さんに話すと、そのうち殴られるで! と脅されます。目が合っただけで殺されたりする世の中です、確かにそんなこともあるかも。でも聞かれてイヤなら話すなよ、と思うので、ついつい聞きます。聞くのは二人以上で電車に乗る時で、一人の時は音楽を聴いています。音楽を聴きながら車窓を眺めたり本を読んだりするのは、電車の風景の一部になるような気がして、少し気取ってしまうのです。

話がそれましたが、車内距離のお二人の展示は、8月10日(月)まで。電車に乗って観に来てください。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。