さらに

| | コメント(0) | トラックバック(0)

朝からずっと観たかったミヒャエルゾーバ展。京都えき美術館まで行きました。京都滞在時間は、約一時間半。でもやっぱり原画を観るのと、写真では違いすぎるので、行ってよかったです。なにかを真剣に観ますと、自分の中にあるものを総動員することになるので、最近はそれが作品を観ることと同じくらい重要なことだったりします。定期的に頭のスイッチを入れてやらないといけないです。考える時間が、ますます重要で貴重だと思うのは、きっと年のせいです。
帰ったら、パビリオンブックスのお二人がいらっしゃいました。ついに開店間近とのことで、とてもたのしみ。何しろ、自分で内装から電気工事からされていて、そのために免許まで取られているのですから、それは時間がかかります。でもその経験はとてもうらやましい。きっと、今回の事で自分のことがすごくわかったんだろうなとおもいます。できること、できないこと、がんばればけっこうなんでもできるかも、っていう感覚にきっとなってはるんやろうなあ、とおもうと、すごくうらやましいのです。歩いて日本一周とか、やり切った人の境地みたいなものがみてみたいのです。

二階冷却計画にさらに大きな一歩。先日、換気扇をつけて下さった小野さんが、今度はサーキュレーターを天井から吊り下げてくださいました。その結果、さらに冷却化に成功!さらに快適(というか、普通)になったバイエルを、よろしくおねがいします。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: さらに

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/140

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年7月10日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「偉大な一歩」です。

次のブログ記事は「バイエルの一番長い日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。