イケダさん本と撮影

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は中島くんが来てくれてイケダさん本の制作、という日記を昨日書いていたけど、Safariが突如クラッシュして、あぁもういいわ…と更新を放棄。体調不良も相まって、最近更新できてません。1ヶ月しか続かんかったやん、といわれても仕方ないです。まあしかしとりあえず自分のペースで。普段と違う不測の事態が起こると更新できなくなるってことは、日々の生活のリズムに組み込まれてきた証拠とも言えるかもしれませんし。ともあれイケダさんの本は順調。予定通りいけば、毛マニアさんの本と同時に7月9日発売予定です。

今日は手芸のメーカーさんのパッケージのための撮影で大泉緑地へ。真夏のような日差しで病み上がりにはキツい。しかし自然に囲まれて、まあピクニック気分です。毛マニアさんの惑星の撮影以来、 645での撮影にハマっていて今日も645で撮影。でもそれだけでは怖いので(昨日のイケダさんの撮影ではやはりフイルムの怖さが出た)、いつものKissDigital Nと奥さんのGR DIGITAL2も無断で持って行って3台で撮りました。やっぱりこういう時に高解像度のデジタル一眼が欲しいと思った1日。あと、久しぶりに大きいクルマを運転して楽しかった1日。

今日もずっとでていたので、久しぶりに連泊の予感。これくらいの時間から覚悟すると、だいたい気がゆるんでしまうため、今日はとりあえずこれだけ終わったら帰ろう、という作業を作って、ひたすらそれをやっているのですが、それが自転車のスポークをIllustratorで描く、という気が遠くなる作業…
でもこれって、スポークがリムにどういうふうにならんでいるかがきちんと理解していれば、イチからならわりとすぐかける、ってことにこの日記を書いていて気付きました。たいていは、4本のスポークが交互に重なり合った場所に菱形ができるように並んでいるのです。しかしかなり今更なくらいに、もう2時間くらい、以前のモデルの複雑に入り組んだ複合パスと戦っています。この戦いをまず放棄して、イチから戦い始めるのが本当に早いのかどうか。似たような局面でも、それを考えるのが面倒くさくて、いつもコツコツ続けてしまいます。でもたぶん、スパッと見切りをつけるほうが速いです。でもそれができないのです。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イケダさん本と撮影

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/122

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年6月17日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「献身的な介護とともに。」です。

次のブログ記事は「写真教室」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。