Loose Change

| | コメント(0) | トラックバック(0)

【Loose Change】という映画をご存じでしょうか。いや映画ではないのかもしれません。Googleビデオで偶然見かけたその映像に魅せられっぱなしです。911事件の矛盾をいろいろな側面から追求して、真実に迫ろうという内容で、もう何度も何度も観ています(正確には聞いています。仕事しながら)。もしもこれが真実だとするなら、なんとも恐ろしい世の中です。カナカナの美保さんやうちの奥さんは、アメリカが大嫌いですが、僕は結構好きなのです。とくに70〜80年代のホームコメディや恋愛映画が好きです。バスケットボールも好きだし、大リーグはよく分かりませんが、野球も好きです。コストコなどの大型スーパーもたまに行くのは好きです。大量消費は時代に合わないですが、あの脳天気なかんじは本当は好きなのです。しかし実際裏側でもしこんなことが行われているとすれば、こんなに悲しいことはないです。ウソであってもらいたいけど、それはそれでイスラム原理主義者の仕業ということになり、結局のところ人の業というわけで、911が悲しい出来事には違いません。天災であればどれだけよかったか。お金って怖いです。

検索するとすぐに観られると思うのですが、最初に警告が出てきて、【この映像を所有するものは裁判抜きでグァンタナモ収容所に拘留されるおそれがある】といっているので、注意が必要です。最近、この【Loose Change】のFinal Cutというバージョンを見つけました。今のところ英語バージョンしか探し出せなかったので、英語で聞いています。少しでも英語の勉強になればよいのですが。

未だ谷間におります。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Loose Change

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/129

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年6月25日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「谷間にて」です。

次のブログ記事は「浮き雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。