三宅桂加展

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は三宅桂加さんの搬入。いつもより早めに終わりました。今回は小田さんという三宅さんのご友人が録られた音声も同時に展示されていて、三宅さんが描かれた風景の場所で録られた音も同時に聴きながら絵をご覧いただく作品があります。確かに三宅さんの作品からはなんだか空気感というか、音が聞こえてくるような、そんな気がします。以前無理矢理買わせてもらった絵には、勝手なイメージがあって、季節は初夏、時間は午後7時少し前。会社や学校から帰る人がちらほらいて、この人たちは今から家に帰るんだなぁきっと誰かとテレビとかみながら一緒に晩ご飯を食べるんやろうなぁ、と思ってふと橋の向こうを見ると、日はすでに沈んでて空が紫になっていて、あぁなんて綺麗な景色なんやろなぁ、と思いながら自転車で人の流れとは逆方向へ自転車で進むっていうようなものです。三宅さん勝手にイメージ作ってすいません。でも勝手にこんなイメージがわく絵を描ける人って、すごいなーと、絵を見る度、その場所を通る度、思っていました。
展示は今日から、6月29日(月)まで。是非ご高覧ください。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 三宅桂加展

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/103

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年5月27日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ギター」です。

次のブログ記事は「クレジットカード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。