うれしい一日

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ユトレヒトのOさんから電話で、ユトレヒトさん主催のブックフェスティバルに参加しませんか、とお誘いいただきました。出展自体は有料ですが、お誘いいただいたことがうれしい。中島君が参加するかどうかはまだわからないけれど、とりあえずいってみようと思っています。東京も長い間行っていない。

濱ちゃんこと濱田久美子さんから、突然の小包。中に入っていた手紙が泣けました。といっても、僕は目頭が熱くなった、というかんじでしたが、となりの人は完全に号泣していました。手紙には、なんだかすごくお褒めの言葉が綴られていて、ありがたいというか、恐縮というか、いやほんとうにそんなたいしたことないんですよ濱ちゃん。すてきな仲間がいることに感謝の1日でした。

夜、友人の転職祝いで、玉造のねぎやで少しだけ飲みました。最近はアメリカドラマが流行ってるけど、スタートレックはそんなものとはテーマが違うねん、と、友人の彼女に二人で力説。きっと、鬱陶しかったでしょう。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: うれしい一日

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/88

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年5月16日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「a half year」です。

次のブログ記事は「宿酔」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。