コーヒーと繕いの便り

| | コメント(0) | トラックバック(0)

最近コーヒーだけは淹れてもいいという許可が出ました。奥さんが忙しくて僕が時間があるときは時々コーヒーを淹れています。そもそも僕にとってコーヒーといえば、バイエルを始めるまでは、高校を出るまでまず飲むことがなく、飲み始めても自分で淹れるのはもっぱらインスタントだった僕にとって、ミルで豆をひき、さらにペーパードリップでコーヒーを淹れるなんてことは考えられなかったわけで、そんな自分が温度計でお湯の温度を測りながらぽたぽた1滴ずつコーヒーを淹れて、しかも人様にお出しするようになるとは、人生はまったく予測不能です。最近は、練習もかねて仕事前にコーヒーを飲みながら、仕事の時間割をつくっています。学校というのはつくづくよくできているなーと10年以上経ってから思います。45分刻みで、別の科目をやるかんじで、違う仕事をしたりしているとなんとか集中力も続いてできる気がします。次の日への持ち越しもまあ多いのですが。

今日はバイエルは定休日だったので、SEWING GALLERYに繕いの便り展を観にいきました。あとさりげなく搬入もしてきました。期間がすでに2/3が終わっているのに、ようやく今日からです。しかも厚みもあり、50円でいくのかどうか疑問です。さらに宛名面は真っ黒で、シールを貼るか鉛筆で書くなどしないと、まったく文字が見えません。と、特徴を文字にしていたら、大丈夫か心配になってきましたが、個人的には気に入っています。展示は64人の作家さんが参加されていて、見応えがあります。さらにSEWING TABLE COFFEEでも玉井さんのポストカードが展示販売されています。15日の日曜日まで開催していますので、ご高覧いただければ幸いです。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コーヒーと繕いの便り

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/61

このブログ記事について

このページは、beyerが2009年2月 9日 00:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テレビってやつは」です。

次のブログ記事は「(かっこ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。