詩と雲

| | コメント(2) | トラックバック(0)

またまた永井さんから、イベントのタイトルを考えたよ、と電話がありました。タイトルは【詩と雲】というそうです。意味はまだ聞いていないです。これから2ヶ月に1度、バイエルでポエトリーリーディングをしていただくことになりそうです。最近の永井さんは、どちらかというとライブ色が強かったかと思うのですが、今回のイベントは詩の朗読がメインになるようです。

永井さんの日記にも載っているのですが、載せてもいいよ、とのお言葉を頂いたので、こちらにもイベントのことを書いた詩を転載させていただこうと思います。



2008/09/12
僕は椅子に座って

誰かに話しかけるように詩を読む

その小さな店には

数人の客がいて

僕の声をじっと聴いたり

話に微笑む

僅かなことを始めたかったのだ

自分がそうしている姿に憧れを持ったのだ

2ヶ月に一度ほど

静かな時間を描き出す

騒ぐのではなく

自分なりの時間で包み込む

そんな試み

永井さんの歌は多くが【folksongs】という本に掲載されていますが、【どうぶつえんのきっさてん】や【朝の雨】など音源がぜひとも欲しくなる名曲なので、永井さん、CDを出されないのですか、と今度聞いてみたいと思います。

【詩と雲】については、いろいろと永井さんから詳細を徐々に教えていただけるようなので、また随時アップしてゆきます。

-------------------------------------------------

2008年9月19日(金)
19:00〜

¥1,000 with 1drink

at beyer(バイエル)

大阪市天王寺区玉造元町14-25

06-6625-8915

コメント(2)

まつ :

梅田さん(梅ちゃん)、三倉さん ご無沙汰しています。
土曜日に初めて寄らせて頂きました。
永井さんのリーディング、聴きたかったです。
また、近いうちにお邪魔します。

beyer :

まつさん!
おひさしぶりです!コメントありがとうございます。
お話は中西さんからきいていて、残念だなーって話してました。

お元気そうで何よりです。お会いしていない間に広島ファンになったので、また広島へ遊びに行きますね。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 詩と雲

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/14

このブログ記事について

このページは、beyerが2008年9月13日 02:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「永井宏さん」です。

次のブログ記事は「mobile」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。