永井宏さん

| | コメント(0) | トラックバック(0)

明日9/12は都合により17:30ラストオーダー・18:00閉店となります。予めご了承ください。

ずいぶん空いてしまいましたが、何事もなかったかのようにまた書き始めたいと思います。

ここのところ、営業中はつねにかかっているドイスマパスさんのライブは、もうすこし予約受付中です。この1週間くらいは『極東組曲』がずっと店内では流れていますが、これはいいアルバムです。デッキチェアにでも座って本でも読みたくなるアルバムです。なかなかそんなシチュエーションになることはないのですが。

18日に続いて、急遽19日もイベントをすることになりました。SEWING GALLERYのスタッフの僕たちにとって、先生ともいえる永井宏さんのポエトリーリーディングです。永井さんからはいつも突然、なにかで思い出してくれたのかな、と思うくらい突然電話をいただきます。たいていは、“本を作りなさいよ”とか“ワークショップやってみたら?”とか、はっぱをかけられているような、応援されているような話を30分くらい話します。あんな風に、誰かに自然に、さらっと電話できたら、といつも羨ましく思いながら、永井さんとは電話しています。

火曜日と水曜日は金沢へ。先日偶然大阪でお会いしたコラボンさんや、あうん堂さん、21世紀美術館など、短い時間ながらちょっと回ってきました。十数年ぶりの金沢でしたが、今ではすっかりアートの街という印象です。一泊で知らない街を歩くと、やっと地理がわかってきたというところで、帰ることになってしまいます。“また次の機会にはゆっくりと”と毎回思うわけですが、いざどこかへ行こうとなると、知らない街へ行きたくもなります。きっとずっとこの繰り返しなんだと思うと、なんだかもったいない気もしますが、すべての街に住めるわけでもないし、大阪には抱かないこういう気持ちが、またどこかへ行ってみよう、という原動力なのかもしれません。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 永井宏さん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beyerbooks-pl.us/mt/mt-tb.cgi/13

このブログ記事について

このページは、beyerが2008年9月11日 18:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カメラについて」です。

次のブログ記事は「詩と雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。