2008年8月アーカイブ

ピクチャ 2.png

本日31日は定休日です。

数年前、いっしょにバスケットボールをしていたタイラー君。先日beyerにきてくれました。日本語はぺらぺらの彼ですが、漫画を読むのは苦手なようです。最近の個人的大プッシュ漫画【GIANT KILLING】を読んでいたのですが、半分も読めなかったと言ってました。

タイラー君は、今ドイツ語を勉強しているとのことでした。beyerにはドイツ語の本が多いので、僕もドイツ語を勉強せなあかんねん、と話していたら、突然ペンパルになろう! と言い出しました。まあそうはいっても、なかなか手紙なんか来ないやろう、とタカをくくっていたら、なんと翌々日に、ドイツ語の手紙が(一応英語も明記)…。会って話していた時も、素人目(耳?)にはほとんどネイティブにきこえるドイツ語を話していたタイラー君でしたが、矢張りデキル人は行動が早いです。タイラー君を見習って、明日の休みはスタバかどこかでドイツ語の手紙を書こうと思います。

29日は何故か、これまでで一番アクセスが多い日でした。それにしてもうちのサイトには何故かSafariからのアクセスが多いです。Macintoshユーザーが多いんでしょうか。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
IMG_0008.jpg

beyer喫茶担当の三倉理恵の詩集「water hole memo」「月のスープ」が、6月にBOOKLOREより出版されました。ちょっと遅くなった感もありますが出版記念展覧会が、9月6日(土)より島根県松江市の『SOUKA』で開催されます。

『SOUKA』は女鹿田恵美さんが約2年前にはじめられたギャラリー・雑貨店です。松江の駅から歩いて約10分、松江のシンボルのような宍道湖につながる大きな川を渡ってすぐのレトロなビルの4階です。オープンの時に伺ってからもう2年たつのかと思うと、びっくりします。2年…長いような、すぐのような…きっとオープンの時よりももっとすてきなお店になっていると思います。

2年前に松江に行ったとき、他にもすてきなところへ案内していただきました。10月から、畑尾和美さんの個展が開催されるDOOR BOOKSTOREさんと、artos book storeさんです。DOOR BOOK STOREさんは、住宅街の中にひっそりとある、それはすてきな本屋さんでした。その時はたぶんお休みだったと思うのですが、店主の高橋さんが丁寧にお店の説明をしてくださいました。それほど多くはないけども確かなセンスというか目利きを感じる本の品揃えと、旦那さんの趣味という、山積みになったプラモデルの箱とのギャップが印象的でした。

artos book storeさんは、松江の市街地にあるとてもおしゃれな本屋さんです。店内は店主の西村さんがセレクトした本がゆったりと並んでいて、いわゆるフツーの本屋さんではないセレクトショップ的なイメージでしたが、売れ筋のジャンプやコロコロ、週刊誌などは、裏に隠しているとのことでした。なんてかっこいいんだろう! 永井さんに“そろそろいかないとさー”といわれるまで、いろいろお話しさせていただいたことを思い出します。

『SOUKA』も2つの本屋さんも、beyerを始める前に、とても勉強になったし参考になったお店です。町の真ん中にどーんと流れる川もすてきです。連休などで中国地方へお越しになる際は、ぜひ松江にお立ち寄りください。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
IMG_0007.jpg

1日空いてしまいました。

写真は前回のブログで書いたカステラ。写真も毎回、1回ずつズレてきてしまっています。

前回のライブのお知らせ、正式に決定しましたのでお知らせいたします。DOIS MAPAS(ドイスマパス)のお二人にライブをしていただくことになりました! 2度ほどライブを観させていただいたことがありますが、とてもすてきなボサノヴァユニットです。ライブ・DOIS MAPASの詳細については、下記をご覧ください。

DOIS MAPAS LIVE

2008.09.18 thu

open 18:30 start 19:00

charge : 2,300yen with 1drink

LIVE:DOIS MAPAS


電話(06-6625-8915)もしくは、店頭にて予約を本日より承ります。 先着30名様限定ですので、お早めにどうぞ。

DOIS MAPAS(ドイス・マパス)プロフィール : ボサノヴァ歌手の木下ときわと、ギター・作詞作曲の新美博允によるユニット。2002年発売の1stアルバム「DOIS MAPAS」 が多くの支持を集め、さまざまなメディアで紹介される。2004年9月にはミニアルバム「1.9.0」を柏原譲 (フィッシュマンズ)との共同プロデュースにより発売。2006年5月にはアルバム「極東組曲」「AGUAS DE MARCO (アグアス・ジ・マルソ)」を、久保田麻琴プロデュースにより2枚続けてリリースした。" DOIS MAPAS"はポルトガル語で「2つの地図」という意味の言葉。

DOIS MAPAS についてくわしくはこちらからどうぞ。
http://www.geocities.jp/dois_ms

| | コメント(0) | トラックバック(0)
main.jpg

現在発売中のSAVVY10月号に、すこしだけbeyerのことを載せていただいています。本当に少しです。

取材をしていただく際には、たいていおすすめの本やメニューを聞かれることが多いのですが、おすすめはカステラです、といつも応えています。このカステラは自家製なのですが、回を重ねる毎にすこしずつ改良されていっています。現段階のものは、手前味噌ですが、本当においしいカステラです。毎回、“今回のはほんとにヤバい!”といいながら、はじっこを食べたりしていますが、今回のカステラは本当にヤバいです。奥さんにいわせると、たまごの数がポイントなのだそうです。

表題は、カステラの当て字。ほかにも、鶏蛋糕とも書くそうです。

来月の中頃に、beyer初のライブが決まりそうです。一応まだ言えないのですが、すごくすてきな方々です!

| | コメント(0) | トラックバック(0)

オープン前からずっと温めていた企画が、ようやく動き始めました。イベントのタイトルは表題の【拝啓○○先生】といって、○○の部分は毎回変わります。第1回は、【拝啓井上先生】。井上雄彦先生に届けたい熱い気持ちを語り合おうというトークイベントです。NHKの【BSマンガ夜話】を想像していただけるとわかりやすいかもしれません。beyerでは現在、スラムダンクが好きすぎるコメンテーターの方を募集中です。我こそは、というスラムダンク好きの方は、是非コメント欄に書き込みをお願いします。5名に達した時点で(現在2名です)、詳しい日時と詳細を決めて、またお知らせします。

写真は、先日より配布しています新しいショップカードです。パピエラボさんにお願いして作っていただいたものです。活版印刷がかっこいいです。パピエラボさんのブログはいつも面白くてためになります。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
IMG_0003.jpg

今日から、先日お伝えした中島恵雄さんの作品のプレ展示をしています。
前回、日程を書き忘れたので、こちらも改めてお伝えします。
2008/8/28(木)〜9/22(月)の約1ヶ月間の展示になります。
ものすごい量の作品を送ってもらっているので、これはどうしたものかと思いましたが、展示内容を前後半に分けても面白いなと思ったりしていますが、実際やるかどうかは、展示してみてから考えたいと思います。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

はじめまして。
beyerの梅田です。

あまりにもコンテンツの少ないページだとよく言われるので、ブログをはじめてみました。
このあんまりなテンプレートはおいおい直していくとして、記事はなるべく毎日書いていこうと思います。

知らない方のために、少し説明をしておくと、beyer(バイエル)は大阪の玉造にあるブックカフェです。2フロアーに分かれていまして、1階は販売の本やCDがおいてあります。カウンターと席もすこしあります。2階は、喫茶スペースと図書館スペースとなっています。主に写真集やアート関係の図録を閲覧していただけるようになっています。

図書館というのはずっと思い描いていた形で、勉強や読書に集中できる図書館というスペースが羨ましかったのです。お店をやるなら、図書館のような自習のできるお店にしたいと思っていたのです。

というわけで、去る6月11日、なんとかbeyerはオープンできました。1階の本も2階の本も、ぼちぼちと増えていっています。気になった方は是非一度お越しください。

最後にお知らせです。
8月28日の木曜日より、中島恵雄さんの作品展“nami”がスタートします。beyerは、壁が高すぎたり、狭すぎるため、ギャラリーとして作家さんにスペースをお貸しすることはしていませんが、作品を身近に観ていただきたいという思いから、気になる作家さんにお願いして、作品をお借りして展示させてもらおうと思っています。最初の展示は日頃お世話になっている中島さんに是非お願いしたいと思って、今年の2月に横須賀でおこなわれた展示の作品をお借りしました。写真と立体(?)の組み合わさった、とてもすてきな作品です。写真は後日アップしようと思います。



中島恵雄/なかじま・えゆう プロフィール
2002年よりSEWING
GALLERYの代表として運営に携わる。2007年、SEWING GALLERYの「だれにでもものづくりはできる」というコンセプトを引き継いだ出版社BOOKLOREを設立。「Fantastic Something」を上梓。作家としての経歴は以下の通り。

『記憶について』2004.10(SEWING GALLERY/大阪府)
『boat』2006.2 (SEWING
GALLERY/大阪府)
『self portrait』2006.10 (mizuca/京都府)
『self portrait』2006.10 (mizuca/京都府)
『profile』2007.5 (SEWING
GALLERY/大阪府)
『nami』2008.2(ギャラリーフ・ルート/神奈川県)
その他、グループ展多数

| | コメント(2) | トラックバック(0)

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。